安いサーキットタイヤはどれ!おすすめハイグリップタイヤ

安いサーキットタイヤはないのかな~?激安のアジアンタイヤの中から、サーキットでタイムアタックしタイムが良かった順に紹介していきます。その前にサーキット優先のハイグリップタイヤなので、デメリットがあります。快適性の静かさや乗り心地はとても悪く減りも早いです。快適性より、グリップだ~という方には、ぜひ履いて頂きたいハイグリップタイヤです。激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけでパンクしたりしないので、ご安心ください。安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので一般道でも気をつかわなくて済みますよ。

NANKANG AR-1

このAR-1のグリップは、ハンパではありません。

まさしくS(セミスリック)タイヤのグリップをしてくれるのには驚きました。ただし、デメリットもあります。乗り心地も最悪ですが、パターンノイズ走行ノイズも最悪です。Sタイヤを履いたことのある方なら、我慢できると思いますが一般ラジアルタイヤから、いきなりAR-1に履き替えたら、その走行ノイズに驚いてしまうと思います。快適性を一切無視して、グリップだけのために作られたタイヤなのでサーキットでタイムを縮めたい方にオススメです。タイヤの減りは、Sタイヤ並に減りは早いです。でも速いタイムを出したときの感動で、減りはしょうがないと思えると思います。グリップ力は、アジアンタイヤTOPのグリップ力で国産ハイグリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2R

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産ハイグリップタイヤのグリップ力を超えているアジアンタイヤです。デメリットは新品時はある程度静かですが、減ってくると走行ノイズがかなりうるさくなります。スリップサイン寸前になると、本当にうるさいです。NS-2Rをリピートして、新品はこんなにも静かだったんだ~と、感動しました。この安さでこのダイレクト感とグリップを持つタイヤは、他にはありません。とにかくこの性能で、価格が激安なのですから、本当にうれしいタイヤです。

NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産ハイグリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですがまだサイズラインナップが少ないので、今後サイズラインナップが増えることを期待しています。この2種類も、サーキットでは、国産ハイグリップタイヤと同等または多少上回るタイムが出たのには驚きました。ですが、なんと言ってもサイズラインナップが少ないためサイズがあったらラーキーなタイヤです。

ATR-K SPORT

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123S

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のサーキットタイヤの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きにはぜひ履いてもらいたいタイヤです。これだけだと、どれだけグリップするのかイメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

ATR-K SPORTでサーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ国産ハイグリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいましたしかも周回を重ねても、タイムが安定していたのでそのグリップ性能には驚きました。サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

更新日:2020年05月27日

安いサーキットタイヤはどれ!おすすめハイグリップタイヤでした