ゴールデンウィ―ク突入ですね

車で移動する方が多いと思います。

普段気づかない車からの異常も気づかされる時期でもあります。

高速道路を走ったら、あれ?なんだかタイヤノイズがうるさいような

高速道路を走ると、タイヤのパターンノイズは大きくなります

さらにタイヤのゴムの劣化、ゴムが硬くなることによって

路面とタイヤが接触した時、ゴムが硬くなることによって

新品タイヤのゴムのノイズ周波数と

劣化したゴムのノイズ周波数が違うため

人間の耳に聞こえやすい周波数になってしまうことで

タイヤノイズがうるさいということになってしまいます。

タイヤ作りでは、新品ゴムのパターンノイズをベースにしているため

経年劣化によりゴムが硬くなった状態の

ノイズまで計算されていないんです。

ということで、約2年以上経ったタイヤに関しては

タイヤのノイズは大きくなってしまっているんです。

一般的なタイヤの寿命は3年3万キロですが

タイヤノイズのない快適性を考えれば

2年で新品交換がベストだと思います。

そうなると、車検ごとがベストなんですが

国産タイヤの価格を見ると、そう簡単にはタイヤ交換が

頼めないのが現状ではないでしょうか!

タイヤ1本の価格なら問題ありませんが

4本となると、かなり高額になるので

即決は難しいと思います。

そこで、アジアンタイヤの価格を見てもらいたいと思います

アジアンタイヤは価格が安いから

性能は・・・と思ったら、大間違いです。

2016年から、日本製タイヤの性能を超えてきた

アジアンタイヤも出てきました。

私も本当に驚きました。

アジアンタイヤのタイヤ性能が

ここまで急速に進化しているとは!

アジアンタイヤ性能研究室5月に入りました。でした

更新日:2020年05月13日